最新記事

〜開拓力〜 奥村 政佳さん

先日の放課後、「セルフプロデュースの方法」をテーマに、奥村政佳さんの講演会が開かれました。 奥村さんは17歳で最年少の気象予報士の資格を獲得し、大学進学後ボイスパーカッションに出会いRAG FAIRという音楽グループでテ レビ出演を遂げるなど様々な分野で活躍されています。 今回の講演会を通し私たちは、自分の価値「勝ち」をデサインする。自分の価値を上げると、同じ時間でも効率が上がる。経験したものはい…(続きを読む)

郁文館 創立記念日

11月13日は郁文館の創立記念日です。 今年でなんと創立128周年。 創立者である棚橋一郎先生は「真に役立つ国際人の育成」を建学の理念として郁文館を創立されました。 学校は、私たち生徒一人一人が、『今』を創り上げているのだと思います。過去の先輩方に負けない、パワフルでワクワクする様な学校にして行きたいです!

姉妹校からのお客様

郁文館のバングラディッシュの姉妹校からのお客様が来校 先日、バングラデシュにある郁文館の姉妹校「ナラヤンクルドリームモデルハイスクール」から二人の先生が、日本の教育システムを視察する為に来校されました。 バングラデシュはアジアの最貧国に属し、貧しい家庭の子どもたちは学校に通うことも出来ません。 ナラヤンクルドリームモデルハイスクールではそんな貧しい子供たちも学校に通うことができ、本校と同様に夢教育…(続きを読む)

新しい仲間!

【新しい仲間!】グローバル高校にオーストラリアから二人の留学生きました。さっそくアッセンブリーにて日本語で自己紹介!とっても上手でした。お昼になるとクラスメイトと話し、食事を楽しんでいました。そんな二人にこれから何をしたいのかを聞くと、「日本の学校を体験して、沢山の人と友だちになりたい!」「和菓子を食べてみたい!」 など日本での目標を語ってくれました。これから二人の留学が成功するようにサポートして…(続きを読む)

こんにちは!

こんにちは! 郁文館グローバル高等学校 アートゼミ -ファッションチーム- からのお知らせです。 私たちファッションチームは、9人の生徒で構成され、“ファッション”を多角的視点で考えることを目標に活動しております。 この度、活動の一環として、エシカルなフォトフレーム作りのワークショップを開催いたします。 “エシカル”という意味は、“倫理的な”という意味です。 「エシカルファッション」という言葉は、…(続きを読む)

グローバル高校留学〜成長の軌跡〜vol.1

2017年1月末、郁文館グローバル高等学校一年だった私達は、NZ・Canada留学へ挑みに、日本を発ちました。 生徒ごとに異なる現地校で、自立という理念のもとにその地との縁を深めていきました。 そして今、NZ組は個人留学を終え、ここクライストチャーチの地に集まり研修をスタートしました。 訪問してくださっている先生を通し、NZ組の今をレポートします。先週末、生徒たちで立案して立ち上げたワークショップ…(続きを読む)

夢達人ライブ鈴木 國弘氏

 先日、本校講堂にて夢達人ライブが行われました。今回の夢達人は鈴木 國弘さんです。 鈴木さんは2003年に元日本代表監督のジーコ氏の要請で監督通訳に就任し、ジーコ監督とともにワールドカップの舞台に立たれた方です。 講演の中で印象に残ったのは、鈴木さんが19歳でブラジルに行かれた時のお話や、何かを信じることの大切さについてでした。 「何かを信じることができなければ、それを叶えることはできない」この言…(続きを読む)

郁秋祭 最終日レポート

10月1日、郁秋祭最終日!起業体験プログラムの生徒たちも、郁秋祭が終わりに近づくにつれ、必死になって営業活動をしていて校内は熱気で溢れていました。 地下体育館の特設ステージでは、ガチスター天国のファイナルステージが行われ「.com」と「HANIWA」が勝ち残り、見事「HANIWA」が優勝しました。 地下のステージは人が絶えることなく、賑わっていて最高の盛り上がりを見せました。ご来場の皆様ありがとう…(続きを読む)

郁秋祭 初日レポート

9月30日、とうとう待ちに待った郁秋祭の日を迎えました。 起業体験プログラムでは、電球ソーダを目玉にした店舗や特製焼きそば、レアな駅弁を揃えた店舗、お化け屋敷など皆個性溢れています。 体育館では、中学生の合唱バトルやお笑い、ダンスバトルなど、学年問わず多くの出場者によって迫力のあるパフォーマンスが披露され、会場は歓声で溢れていました。 本日2日目も、様々なイベントがあります! …(続きを読む)