月別: 2019年1月

記事一覧

オーストラリアからの留学生 が留学期間を終え帰国しました

10月下旬から本校に来ていたオーストラリアの留学生6名が12月末に帰国しました。   学校最終日の放課後、各クラスでお別れ会が開かれました。 オーストラリア国内で選抜された生徒たちで日本語は当初から上手でしたが、お別れ会のスピーチでは3ヶ月の成果を大いに発揮してくれました。 彼らが所属していたグローバル高校1年とe特進1年はそれぞれ留学を控えており、自身の今回の留学経験を踏まえ、アドバイ…(続きを読む)

がんばれ!受験生

いよいよ受験のシーズンとなりました。辛いことも未来につながる貴重な1歩。 きっと大丈夫です。最後の最後まで諦めず、自分のやってきた事に自信を持って合格を勝ち取ることを祈っています。私達は未来の後輩皆さんに会えることを、首を長くして待っています! 郁文館夢学園広報委員

ニュージーランドのアッパーハットカッレジ生徒来校

1月9日から14日にかけて、ニュージーランド北島にあるアッパーハットカレッジの生徒21名と教員3名が来校しました。   アッパーハットカレッジは、グローバル高校2年生の1年間留学や中学3年生の7週間留学でお世話になる学校です。 短い期間でしたが、留学から戻った2年生は旧交を温めたり、今月末から留学する1年生はあちらの様子を教えてもらったりと親睦を深めることができました。 授業はグローバル…(続きを読む)

祝 優勝 !郁文館高校 剣道部

先週末開催された東京都高等学校新人剣道大会 男子団体戦で、郁文館高等学校が見事優勝しました!数々の接戦を乗り越え、国士舘との決勝戦も大逆転による勝利でした。 次は3月に愛知県で行われる全国大会に挑みます。 そこで、監督の北口先生に目標をインタビューしました。 『強豪校ひしめく東京都を制することが出来たのは、自分たちの出せるものを出し切った結果だと思います。 ただ、まだ富士山でいうと五合目なので、こ…(続きを読む)

「あるべき姿追求週間(平成31年1月8日~平成31年1月12日)」

3学期のスタートと共に「あるべき姿追求週間」を実施しました。本学園の生徒としてあるべき姿を「身だしなみ」や「授業を受ける姿勢」などの観点から改めて厳しく指導しております。   授業における7つの遵守事項を生徒・教員が意識し、整った環境のなかで授業に集中することを目的としております。生徒自身が主体的に遵守事項を守ることによって生徒の自律も促しております。朝の校門指導や授業の巡回を通して、学…(続きを読む)

ゼミの研究成果が学会論文誌に掲載!

昨年行われた「新しい学びフェスタ」(主催:ベネッセコーポレーション)にてメディアデザインゼミの研究が表彰されました。この度、さらに有り難いことに「日本STEM教育学会」にて特別寄稿という形で論文を掲載して頂けることになりました。 これからも専門家の方々にご協力頂きながら主体的な研究・実践を続けていきたいと思います。 ※論文掲載URLはこちらです。ぜひご覧下さい! https://www.j-ste…(続きを読む)

平成31年 二十歳の夢の日

平成31年1月14日、新成人の門出をお祝いする「二十歳の夢の日」が行われ、晴れ着に身を包んだ卒業生が約140人集まりました。   この「二十歳の夢の日」は、3年間または6年間通った郁文館で成人をお祝いし、懐かしい友人やお世話になった教員との再会が目的となっております。そして、中学、高校時代を振り返りながら、互いに刺激を受け、新たな決意を胸に頑張ってほしいという想いがあります。 成人を祝う…(続きを読む)

郁文館の成人式

今日は成人の日。私たちの郁文館夢学園は卒業してからも古巣に集う機会が多い学校です。 その中の一つが二十歳の夢の日。地元で成人式に参加した後、新成人の先輩方が郁文館に集まりお祝いをします。 仲間と中学、高校時代を振り返りながら、互いに刺激を受け、新たな決意を胸に頑張ってほしいという想いがこの会にはあるそうです。先輩方に新成人の抱負をインタビューしました! ・自分で考えて自分で行動できるようになりたい…(続きを読む)

高校・グローバル高校3年 理事長講座

これから大学入試を初めとする進路選択が佳境を迎える高等学校・グローバル高等学校3年生に向けて「夢に向かう君たちへ」というテーマで理事長講座が行われました。     その中では遺伝、意志、環境、偶然―人生を決める四つの要素を大切に、そして存分に生かして欲しいというメッセージが伝えられました。好きなこと・得意なことを追い続けることで持って生まれた遺伝的要素が高められます。そして、培…(続きを読む)

中学1年生スキー教室

現在、私たち中学1年生は3泊4日の日程でスキー教室に来ています。 午前・午後と、みっちりスキーのレッスンを受けているので、初心者の人もかなり上達しました。 何回転んでもあきらめずに立ち上がってチャレンジすれば,上手に滑れるようになるということを学びました。 これからも,失敗をしたり何かでつまずいたりしてしまうことがあっても,今回のスキー同様、あきらめずにチャレンジしていこうと…(続きを読む)