月別: 2018年5月

記事一覧

奮闘!感動!体育祭二日目!

先週末、二日間にわたって体育祭が行われました。 各団、初日の結果に一喜一憂しながら、とても熱い戦いを繰り広げました。 また、グローバル高校によるHAKAや、ダンス部、チアリーディング部などのパフォーマンスは、素晴らしく見応えのあるものでした。 そして何と言っても、それぞれ長い時間をかけて練習を重ねた応援は、団の垣根を超えて声援が飛び交い、ものすごい盛り上がりを見せて…(続きを読む)

熱気あふれる体育祭一日目!

いよいよ待ちに待った郁文館の体育祭が始まりました。 目玉はなんと言っても、棒倒しや騎馬戦でした。 今年の棒倒しは、神奈川エリアのサンダー団が工夫をして、今までに見たことのないフォーメーションをとっていました。 明日の本戦では、またどんな奇策が飛び出るか楽しみです。 そして初日の華を飾るのは、ブロック対抗リレー! 高校生、中学生関係なくみんなが 一生懸命走り、みんなで全力で応援しました! …(続きを読む)

日本文化講座

4月に入学した中学校1年生と高等学校1年生を対象に「日本文化講座」行いました。 中学生は入学式の後すぐに行われた夢合宿の中で、高校生はオリエンテーションの中で授業がありました。 講師の先生からは「拝礼 お辞儀の仕方」と「言葉遣い」中心に教えていただきました。 日頃何気なくしているお辞儀ですが、講座ではどうして礼をするのかという根本から再定義されました。 頭のてっぺんを相手に見せることは、自分を相手…(続きを読む)

いよいよ体育祭!

いよいよ今週末、待ちに待った体育祭です。 今年も生徒たちの熱い戦いが繰り広げられます!! 郁文館の体育祭は住んでいる地域ごと6団に分かれて競い合います。 個性豊かな団長の元、本気で戦い、たくさん応援し、たくさん笑い、たくさん感動するのが郁文館の体育祭です。 ぜひ活気のある郁文館の体育祭を見に来てみてください!! 郁文館夢学園広報委員

~起業塾~「経営道①②」レポート

日本初の高等学校における起業家育成プログラムである「高校生得社長講座~起業塾~」。その導入講座である『経営道』が始まり、本校の渡邉理事長が教鞭を執りました。 2週にわたる講義の中で渡邉理事長は、自身の半生を通じ、経営という仕事の魅力について話をしました。また、日本経済や起業環境などの社会を取り巻く様々な諸問題について解説。 『社長になりたい最初のきっかけが「お金持ちになりたい」でもかまわない。しか…(続きを読む)

夜間自律型居残り勉強会「のこべん」

平成30年度「のこべん」が4月26日から始まりました。「のこべん」とは、「授業・部活動後も学校に残って自習をしたい」という生徒の声に応えた自主学習の企画です。 昨年度に引き続き、ラーニング・コモンズの場(仲間と相談したり問題を出し合いながら勉強できる学習空間)と無言学習の場の2種類を準備しています。生徒はそれぞれの状況に応じて自由に2つの学習空間を利用することができます。 開始当初から100名近く…(続きを読む)

はじめての中間考査

平成30年度初の中間考査が終わりました。 私たち中学一年生にとっては、はじめての定期考査だったので、とても緊張しました。 出来栄えを調査したところ、理科が一番自信があると答えた人が多かったです。 全員が真剣に取り組めたので良かったです。さあ、来週末は楽しみにしていた体育祭です。 みんな張り切って行きましょう‼︎ 郁文館中学一年広報委員

あるべき姿追求週間

新年度が始まり一ヶ月が経過しました。 始業式からの一週間で、「あるべき姿」を確認し、新しい一年間がスタートしましたが、中間考査を目前にして、もう一度初心に返って、一人一人が、「身だしなみ」「授業態度」「教室環境」を見直し、整える一週間を設定しました。 本学園が定める7つの遵守事項を意識することで、基礎基本を定着させ、自立した生活を送っていくための取り組みです。 授業中               …(続きを読む)

保護者を対象とした進学説明会を実施しました

4月28日(土)高校・グローバル高校3年生の保護者を対象として進学説明会が実施されました。   大学入試に向けた具体的な話を進路指導部長、担任から説明させて頂き、保護者の方々もメモを取りながら真剣に聞いてくださいました。受験へと前進するための有意義な機会になったと思います。 今後は3者面談において各生徒に合わせた進路指導を行い、生徒・保護者・教員が三位一体となって合格へとさらに前進してい…(続きを読む)

OB・OGによる進学激励会を実施しました

4月28日(土)の3・4時間目に高等学校3年生・グローバル高校3年生を対象に進学激励会を実施しました。   難関大学への合格を勝ち取った先輩たちは、心構え、時間の使い方、実践していた勉強法など有益な話を在校生たちに余すところなく話してくれました。 生徒たちからは「自分が合格のために今何をすべきかがわかった」「自分たちのために熱心に話してくださる先輩方を見て私も頑張ろうと思った」などのポジ…(続きを読む)