9月1日(土)1学期始業式が行われました。

 

理事長からは、夏休みの過ごし方に関してお話がありました。

そこで、自分の夢を追いかけた一人の生徒を紹介しました。『カンボジアの孤児院で生活したい。ボランティア活動がしたい』という生徒の話でした。

理事長は最初『中途半端な関わりは返って迷惑であり、豊かな人が来てどうするのだと現地の人達は思っている。受け入れられるわけがない。』とその生徒に伝えましたが、どうしても行きたいという決意は変わらず現地に行くことになりました。

se1809041.jpg

結果としては、多くの人の予想に反して、その生徒は孤児院の子ども達に受け入れてもらえました。そこで不思議に思った理事長は、孤児院の子ども達に尋ねてみました。

「朝から晩まで、何でも私達と一緒に活動してくれたことが、仲間だと思えた理由です」

自らの立場に甘えるのではなく、常に一生懸命になる大切さをその生徒は教えてくれました。実際に、その生徒は自らの体験談を壇上で説明し、聞いている者にも熱心さがひしひしと伝わってきました。

se1809042.jpg

もう一つの話は、AIの進歩がすさまじい中で人間にしかできないことを常に考えるべきであるという話でした。

人間にしか持つことができない力は、「想像力」・「創造力」・「人間力」の3つとのことです。日本の借金も年々増え、日本人の労働力不足が叫ばれる中、基礎学力を大事にしつつ自分はどんな人間になるのかを考えて欲しいということでした。

校長からは、本日の防災の日に関したお話がありました。普段できないことは本番も出来ないので、常日頃からの備えが大切であるという話でした。東日本大震災での経験を忘れず、日々の生活の中で生かしていく必要があるということも併せてお話になりました。

2学期がスタートし、1ヶ月後には文化祭・中間試験がやってきます。基礎・基本的な学力を身につけられるように、日々頑張りましょう。