高校1年生を対象とした理事長講座を開講しました。2学期も折り返し地点を越え、高校1年生は、来年度の文系・理系を選択していく時期になります。文理選択は、受験の学部選択や将来の職業選択にも関係してくる重要な選択になります。その重要な選択を行うに当たって、意識すべき大事なことはどのようなことなのか、理事長先生にご講義頂きました。

 

se1811221.jpgse1811222.jpg

理事長先生は始めに、夢達成のための方法を実体験に基づいて説明されました。自身の高校1年生時の体験談をもとに、夢を達成するためには必要なものを逆算し、夢に日付をつけて夢を達成するべくして達成することを強調してお話しされました。

se1811223.jpgse1811224.jpg

次に現在の日本・世界に視野を向け、グローバル化やAIの進歩が進む中、どのような人材が求められているかをお話しになりました。これから訪れる時代の変化の中でも生き残っていくためには、一流でなければならないと、財政や少子高齢化など社会の諸問題を踏まえながら説明され、生徒達はそれらをしっかりと手帳書き留めていました。

se1811225.jpgse1811226.jpg

講座の最後には、質疑応答の時間がありました。「なぜ人口が減少してしまうのか」「国会議員の定数はなぜ多いのか」「国民が目先の利益しか考えずに行動してしまうのはなぜか」など多方面からの質問に対し、理事長先生はひとつひとつ丁寧に答えてくださいました。

理事長先生のお話を聞いて、生徒達はこれからの進路選択について改めて考えることができたと思います。また、自分のやりたいこと、これから身につけなければならないことを再確認でき、充実した高校生活につなげてくれることでしょう。

最後に生徒の感想を簡単に紹介します。

・今回の理事長先生のお話を聞いて、今後自分には何が必要か、何をしなければならないのか逆算する必要があると感じた。

・様々なメディア等を通して、私は一流大学や大企業に入れば良いと信じて生きてきた。今回のお話を受けて衝撃を受け、また自分の将来を本気で考えさせられた。

・将来が少し不安になった。今できることをしっかりやりたいと思った。

・日本の借金が増え続けていることを再度確認させられ、日本を守りたいとも、救いたいとも感じた。そのため18歳から選挙権を得ることが出来る自分はしっかり考えて投票する。加えて将来のことをしっかり考える。