6月、高校1年生は、長野県東御市の宿泊施設「鴻夢館」にて11日間にわたる合宿を行いました。
生徒たちがEQプログラム・農林業体験・野外調理などの活動から様々な発見をし、高校生としての自覚を持つことを目的としました。

まず、EQプログラムです。目標は、仲間と協力しながら課題をクリアすることであり、直接挑戦していない生徒もサポートや応援などを進んで行いました。

他者の良い一面を発見し、また一体感が生まれた活動となりました。

yu1807041.jpg
EQプログラム

次に農林業体験です。専門の方に来ていただき、指導をしていただきました。

農業は畑を耕し、畝を作り、にんじんやとうもろこしの種を蒔きました。生徒たちは、徐々に畝が形になるのを体感し、作業に没頭していました。

yu1807042.jpg
農業体験(畝づくり)

林業は東御の森に向かいました。生息する動物や植物についての話を聞き、自然に触れました。都内では経験できないことに、生徒たちは好奇心旺盛でした。

yu1807043.jpg
林業体験(東御の森)

最後に野外調理です。生徒たちは何人かの班に分かれて活動しました。事前の作業として、野菜の切り方や飯盒での米の炊き方、火のおこし方など必要なことを調べます。

当日、調べた資料をもとに調理を行い、出来上がった昼食の感想は「おいしい」の言葉であふれていました。

yu1807044.jpgyu1807045.jpg
野外調理(カレー)      野外調理(調理風景)

今回の夢合宿では、普段体感できない様々な活動を行いました。これを機に、自分の中の世界がまた広がってくれたと思います。自分が興味を持ったことに対し、とことん追求のできる生徒となって欲しいと思います。