郁文館の3大イベントの1つである『郁文夢の日』を2月16日に開催いたしました。

 

夢の日①.jpg

 

 

『郁文夢の日』とは、全校生徒が自分の夢や目標を再認識する、郁文館の生徒にとって1年のスタートの日でもあり、ゴールの日でもあります。

 

また、郁文夢の日は5月開催予定の体育祭にむけての準備も兼ねていますので、応援団長の紹介がありました。

 

夢の日②.jpg

 

そして、夢の日の最大のイベント「MVD」の表彰です。

「MVD」とは、Most Valuable Dreamer の略で、1年間で最も夢に向かって努力した生徒、すなわち最も郁文館らしい生徒に贈られる賞です。

今年度の表彰生徒からは「夢」発表が各校1名ずつありました。

夢発表 M.jpg

夢発表 H①.jpgのサムネイル画像

 

夢発表 G.jpg

中学校からは「既存の枠組みを脱却した未来にふさわしい教育の創造」

高等学校からは「最先端技術を社会に実装することで数ある課題を解決すること」

グローバル高校からは「男女にかかわらず等しく教育にアクセスできる環境の整備」

それぞれまっすぐな想いが語られました。

さらに、今年はチームで夢に向かって頑張った生徒を紹介し、全校生徒でお祝いしました。

1組は剣道部です。

東京都予選大会で見事優勝し、3月27日・28日に行われる全国大会に出場します。

夢の日 剣道.jpg

もう1組は「社会探究」チームです。

 

プラスチックごみの削減を進める東京都が募集した「プラスチックストローに代わるアイデア」の選考が行われ、応募総数921件の中から最優秀賞に郁文館高校の「社会探究」チームが考案した『キャンディーストロー』が選ばれました。

夢の日では、あめ細工で作る「キャンディーストロー」についての発表がありました。

夢の日 ストロー.jpg

 

次に、バングラデシュにある姉妹校「ナラヤンクルドリームモデルスクールアンドカレッジ」の近況報告があり、現地の生徒からのメッセージを受け取りました。

 

夢の日 ⑦.jpg

最後は全校生徒へ、応援団長からそしてチアリーディングチームからエールが送られました。

 

夢の日 ⑧.jpg

 

夢の日 ⑨.jpg

ここから、また夢に向かうあらたな1年がスタートします。