6月9日(土)天候にも恵まれ、農林業実習を千葉県山武市で行いました。

場所はワタミファーム山武農場とワタミ日向の森です。

まず農場では、概要を聞き、土作りや堆肥などを学び、どのような作物が栽培されているか確認し、じゃがいもの収穫を行いました。生徒たちは、汗をかきながら顔に土がつくほど一生懸命掘り起こし、袋いっぱいに詰めていました。最後にレタスとにんじん、そしてキャロット&オレンジジュースをもらいました。ジュースは皆とてもおいしそうに飲んでいました。

kyo1806221.jpgkyo1806222.jpg

日向の森では、溜池での生物採取と育林見学、伐倒見学を行いました。

溜池では男子が積極的に網を使って、アメリカザリガニやヤゴなどを捕まえていました。育林見学では、木は何年でどのくらい生長するのか。木の値段、林業とはどのようなことをしているのかを、実際に見て学びました。

そして最後に目の前で伐倒を見学しました。育林見学でどのようにして木を切るのかを学んだ後に、実際に見せてくれました。自分たちの身長の数十倍以上ある木が目の前で倒れるのを見た生徒は、とても感動していました。

kyo1806223.jpgkyo1806224.jpg

農業も林業も実際に目で見て話を聞くことにより、普段できない体験をできたのではないかと思います。これを機に、農業や林業の世界に興味を持つ生徒がいるかと思います。

今後も、様々なことを体験し自分の中の世界を広げていってほしいと思います。