先日、郁文館の三大イベントの一つである「郁文夢の日」が行われました。

『郁文夢の日』とは、「全校生徒が自分の夢や目標を再認識する、1年のスタートとゴールの日」のこと。「MVD(Most Valuable Dreamer=1年間で最も夢に向かって努力した生徒、すなわち最も郁文生らしい生徒には、今回三人が選ばれて表彰されました。
受賞者は自分の夢を題材にイキイキとプレゼンテーションをしてくれました。夢について恥ずかしがらず堂々と語り合える環境があるのが郁文館の特徴だと思います。
とても和やかなムードで笑いあり、涙ありのとても充実した会になりました。

郁文館夢学園広報委員会