先日、理事長先生による『お金科』の授業がありました。

お金の役割は、物との交換する手段であったり、物の価値を計ること、価値の蓄積・保存することの3つであることを学びました。

お金は回っているというと言う言葉が印象的でした。

これからしっかり教養を身につけて、お金に使われるのではなく、お金を使える(運用出来る)力を身につけたいと思いました。

私は今回のお金科の授業を受けるまではお金に対して、ネガティブなイメージしか無かったのですが、お話を聞いてお金に対する見方が変わりました。

チャールズ・チャップリンさんの言葉で 『人間は、勇気と想像力とほんの少しのお金が必要だ』というものがあります。

この言葉の通り、私達が夢を叶える上でもお金はつきものです。無駄使いをせず、大切に使っていきたいです。

最後に、理事長先生からのメッセージで、「人生はお金で買えない物の方が大切だ」という言葉は自分の心に響きました。
郁文中学校2年 広報委員