3月1日、郁文館高等学校、郁文館グローバル高等学校の卒業式が本校にて執り行われました。
郁文館高等学校から227名、グローバル高等学校から123名、計350名の先輩がそれぞれの進路へと歩みを世界中に進めることとなります。

卒業式では、理事長賞や校長賞など様々、在校中活躍された先輩方の表彰の後、理事長先生から熱い激励の言葉を頂きました。
起こること全てが奇跡であり、最善のことであるというお話と、誠実に生きることの意義についてのお話でした。
先輩方も真剣な眼差しで聞かれていました。

その他に、私が印象深かったのは卒業生代表の答辞の言葉でした。
中学三年間、高校三年間の学びの中で、「楽しい」という感覚がどの様に変わってきたのかを、お世話になった先生方や仲間への感謝の気持ちを交えて話されていました。
先輩のきらきら輝いた姿がとても印象的でした。
涙の多い素晴らしい卒業式となりました。
先輩方、ご卒業おめでとうございます。

郁文館夢学園広報委員会