桜の舞う季節、3月16日は郁文館中学校の卒業の日でした。
中学三年生の皆さんは、とても晴れやかな表情で、舞台に立たれていました。

私が特に印象深かったのは、理事長先生から卒業生へ向けてのはなむけのメッセージでした。
そこには、人生のアドバイスが沢山含まれていました。
私たちが夢や目標にするのは、好きなことや得意なことが多い。
それらを叶えるためには社会的な問題や近年求められているグローバル的な視点を取り入れることが大切なのだと教えて頂きました。

自分が思うような人生を送るためには、強い意思と行動力が必要なのですね。
私は来年度から中学二年生になり、後輩もできるので、 郁文館の文化や先輩方が教えてくれたことを引き継げたらいいなと思います。

中学三年生の先輩方御卒業おめでとうございます。
郁文館中学広報委員