8月の下旬にグローバル高校の1年生が、アントレプレナーシップの一環で谷根千の夜店通り商店街にて、テストマーケティングをしました。
アントレプレナーシップとは、ゼロから1を作る経験を通して、起業家精神を育むプログラムです。
当日は多くの郁文生が工夫を凝らして販売をしていました。
9月3日には夜店通りで街頭調査も行われ、自分たちが本番で売る商品のマーケティングをするための情報を集めていました。
各企業の社員たちは11月の本番に向けて活動を活発化させています!
郁文館夢学園広報委員