最新記事

2018 ツーリズムゼミ主催 南牧村キャンプ

8月1日〜3日、ツーリズムゼミでは昨年に引き続き中学生を対象にアクティブラーニングキャンプを群馬県南牧村で実施しました。 今年のテーマは「富岡製紙場と日本の近代化」と「南牧村の自然に親しむ」です。 事前学習として6月には蚕の飼育を行いました。蚕が繭を作るところまでを観察していたので、改良された養蚕の道具などのお話しも大変面白く聞くことができました。(写真は学校での飼育の様子) 7月には事前学習会を…(続きを読む)

オープンキャンパス:イベント紹介

8月25日(土)に開催される体験型オープンキャンパス『郁文館やってみなくちゃわからない』のブースを1つご紹介致します。 今日ご紹介するのは『HAKA教えます!』HAKAとは、私たちが留学しているニュージーランドの先住民族マオリの民族舞踊のことで、現地の方の誇りでもあります。 グローバル生は留学を通してそのスピリットを学び、グローバル高校の伝統の一つとして、代々後輩に引き継がれています。 そんなHA…(続きを読む)

第1回 サイエンス達人ライヴ

7月12日(木)に第1回サイエンス達人ライヴが行われました。記念すべき初回にお招きしたサイエンス達人は、超音波工学のスペシャリストである石河睦生先生です。   石河先生は、東京工業大学大学院総合理工学研究科博士後期課程修了後、研究員として活躍され、高周波超音波治療を実現する超音波トランスデューサーの開発や、圧電結晶膜の研究など、数多くの功績を残されています。現在は母校である桐蔭横浜大学医…(続きを読む)

中学2年 保護者対象進級説明会

7月18日(水)、中学2年生の保護者を対象とした次年度中学3年特進クラスの案内を進路指導部長の内藤教諭からいたしました。   中学3年の特進クラスは、郁文館高等学校の東大クラスにつながること、そして、勉強面でも難関国公立大学入試を意識した記述力を意識した授業が展開されることが話されました。 また、東大クラスの卒業生の話を例に挙げ、人間力と勉学のバランスについて、諦めずに努力する姿勢の大切…(続きを読む)

Global Link Singapore出場

郁文館グローバル高校Global Science Track1年21名が、7/21、22に行われたGlobal Link Singaporeという国際大会に出場しました。 科学・技術の研究成果、提案をポスターセッション、オーラルセッションで発表、議論するアイディアコンテストです。 残念ながら入賞とはなりませんでしたが、タイ、ベトナム、フィリピンなど東南アジアを中心とした海外の生徒たちやシンガポール…(続きを読む)

~起業塾~「経営道⑥」レポート

今回の経営道は、再び渡邉理事長が教壇に立ち、様々な業種のマーケット戦略をケーススタディとして解説。 実際にある企業の商品について、どんな戦略を用いているか未来の経営者たちに考えてもらいます。 はじめに、渡邉理事長は、経営戦略の基本が以下の4点であると伝えました。 何を取るか? 何を捨てるか? 誰を対象とするか? その対象のどのような動機をねらうか? 未来の経営者たちは、この経営戦略の基本をベースに…(続きを読む)

1学期 終業式

7/19(木)1学期終業式が行われました。 理事長から「良い行いをすれば良い結果が返ってくる。悪い行いをすれば悪い結果が返ってくる。全ての行いは自分に返ってくる『自業自得』という言葉と、人は本気になれば三日で変わることができる『男子、三日会わざれば刮目して見よ』という言葉を心に刻みなさい。そしてその言葉を胸に、夏休みの40日間限界を超えた努力をしなさい。」と生徒にお話がありました。 各人、この言葉…(続きを読む)

【夢達人ライヴ】 農林水産大臣 齋藤健氏

この度は農林水産省の齋藤健大臣をお招きし、お話を伺いました。 現職の大臣からお話を伺うという貴重な機会に、全校から大変多くの生徒が集まり聴講いたしました。 齋藤大臣は東京大学卒業後、衆議院議員選挙に当選してから現在の大臣のお仕事に就かれますが、大変な苦労をされた経験をお持ちです。当日は、大きな逆境に向き合うために大切にされているお考えをお話いただきました。 「人との関係は、自分から切ってはいけない…(続きを読む)

白熱のプレゼン発表会!

毎週火曜日の朝に行う郁文館中学校のアッセンブリー。 中1から中3までが混じってNIEを行います。 先日、そのアッセンブリーの中でグローバルリーダークラス(以下GLクラス)によるプレゼンテーションの発表を行いました。 テーマは自由。今、自分が一番問題だと思うことを取り上げ、様々な視点から解決策などをまとめて発表しました。 GLクラスは、アクティブに自分の意見を言う発表型の勉強…(続きを読む)